ワードプレスのプラグイン、カスタマイズの制作過程とソースを公開。PHP,CSS,HTML,Javascript を無料で覚える。数十年の実務経験のプログラマのサイト。

WELCART 商品 CSV 入出力のソースコード

WELCARTには、商品を CSV で入出力する機能があります。

何を書けばいいのかわからねー!って話もありますがwww

それは、後ほどまとめよう・・・

で、今回は、SKUのフィールドに商品「重量」を追加したのですが、

これ、いちいち開いて閉じてを繰り返して入力するには、とっても大変。

って、ことで、CSVで入力しようと思ったら・・・そうね、追加項目だからCSVでは処理できないのね?(TT

これはカスタマイズするしかないだろうと。

この記事は、その作業中の WelCart のCSV入出力の備忘録です。


welcart の csv 入出力の ソースコード の場所


入出力ダイアログの周辺フィールドの ID から、

use-e-shop/classes/usceshop.class.php の item_master_page() を経由して、

ダウンロード
functions/define_function.php
usces_download_item_list()

アップロード
functions/define_function.php
usces_item_uploadcsv()

の中の以下の辺りがDBへの書き込み本体

//reg loop
foreach( $lines as $rows_num => $line ) {
/*////////////////////////////////////////*/
// lineReady
/*////////////////////////////////////////*/


WELCART 商品 CSV 入出力のカスタマイズ勇者の方へ

welcart の商品データは、Post(投稿)データとその関連データ(カスタムフィールド)で保存されています。

CSVデータも当然、WPのIOで処理できるだろうとおもったら、大間違い。

なぜか、実際の入出力は、WPのコマンドではなく直接MYSQLでデータベースを更新しています。

カスタマイズには、WPのコマンド、JavaScript 、そして MySQL の知識が必要になります。

かつ、WELCARTのデータ構造がしっかりと頭の中に構築されていない限り、手を付けるのはあまりお勧めいたしません。

WELCARTのカスタマイズを専門に行うプログラマでなければ。。。www


スポンサードリンク

関連記事

関連サイト